不動産投資関連情報

不動産投資は利益を得る目的で不動産を所有

不動産を購入したり所有する目的として最も多いのは実際に利用することでしょう。
住宅などでは土地を購入し、その上に建物を建てて生活をします。
自分たちで使っていますから特に家賃収入が得られるわけではありません。
それまで家賃を払っていたならその分が浮くように感じるかもしれませんが、住宅ローンがその代りにのしかかります。
では不動産投資は何になるかです。
不動産を購入したり所有したりしますが、その時に利益を得ることを目的としての所有になります。
ですから自分で住むため、利用するためではありません。
マンションなどを建てた時にその一室のみ自分で利用して他の部屋を他人に貸す場合があります。
この時は一部を自分で利用する形になります。
不動産投資は利益を得る目的なので購入するときなどは自分が利用する目線とは少し異なる場合があります。
自分自身の利便性と借りてくれる人の利便性が異なるからです。
学生向けなら学校に近い、ワンルームなどの方が良くなります。